インターネットみまもりサービス


Chrome Book版はこちら 東京学芸大学附属 竹早小学校の先生と共同開発を進めている、URLアクセスログをみまもることができるサービスです。
パソコンのブラウザーのプラグインとして動作し、URLフィルター機能、タイマー機能、URLアクセスログ収集機能を有しています。
一番の特徴は、URLアクセスログを先生と保護者で「みまもり」できることです。
学校でも家でもパソコンを活用する時代に、学校と家庭の双方でインターネットの「みまもりができる、インターネットみまもりサービスです。



GIGAスクール構想時代のインターネットマナーを指導できます


有害サイトをフィルターする時代から、サイト閲覧を考える時代へのシフトを推進します。
有害サイトは日に日に発生し、フィルターしてもキリがありません。
有害サイトを子供たちへ見せないことよりも、子供たちが「自主的に見ない」考え方を起こす、きっかけを提供できます。

「インターネットみまもりサービス」の使用例:
1.閲覧ログを子供たちに見せて、サイトアクセスへの意識を高めてもらう
2.危険なサイトのアクセスログも残るので、後日指導に活用できる
3.本製品のようなアドオンには、アカウントパスワードなども容易に取得できてしまうリアルな危険を感じてもらい、闇雲なアドオンインストールについて考えるきっかけにする。
※本サービスではセキュリティーの観点から、送信ログの取得機能を意図的に実装しておりません。
 お客様からの信頼が大切と考え、安心・安全の設計を心がけております。



動作環境


OS : Windows10の動作するパソコン

対応ブラウザー: Microsoft Edge / Google Chrome / Mozilla Firefox
※Internet Explorerには対応していません。
※ブラウザープラグインによる制御であるため、インターネット接続のすべてを制御するものではありません。



機能1.タイマー機能


曜日別に10分単位でスケジュール可能。終了5分前にメッセージでお知らせすることもできます。


時間になると自動的に表示を切替。気分転換をお手伝いします。



機能2.管理者アカウントを管理対象から除外できる


パソコンの管理者のアカウントは管理対象外に設定できます。家庭でパソコンを子供と共有している場合などでも活用できます。



機能3.タイマー管理対象URLの選択/URLフィルター機能


時間管理が苦手な子向けには、タイマー設定と連携して特定サイトだけ管理。
気分転換をお手伝いできます。(タイマー時間帯設定はアプリ内で共通になります)

「みまもり」ログを活用した指導の結果、サイト閲覧を防止したい場合はURLフィルターを活用できます。



サイトアクセス履歴を先生と保護者で「みまもり」できる


URLアクセス履歴は、先生と保護者で「みまもり」できます。アクセス履歴にはアクセス日時・サイトのタイトル・URLを保存します。

※検索キーワードが履歴に残ることがあります。
※収集される履歴はサイトの作りに依存するため意図しない履歴になる場合があります。
※動的に変更されるサイトでは履歴に漏れが生じます。



多数のPCへの導入を想定した、インストーラ設計


例えば、USBメモリーにインストーラ・ライセンスファイル・設定ファイルを入れて、バッチファイルを起動すればインストールが完了します。
一台ずつ、インストーラへの画面入力なしでインストールができます。
intuneなどのファイル配信・MSIのタスク実行機能のあるシステムが導入済みであれば、お客様側の配信機能を利用したインストールもご検討いただけます。


生徒・先生・保護者の登録はシステムがお手伝い


先生も保護者も、ご自身でアカウントを登録できます。
先生アカウントは、ライセンス発行時の組織IDでの認証で先生アカウントに昇格。
保護者はデバイス側のワンタイムパスワードによる認証で保護者アカウントに昇格。
クラスの生徒の登録はCSVファイルで一括登録できます。


設定ツールをパスワードで保護


パスワード設定することでログイン機能が有効化。設定変更ができないように保護します。
グループポリシーによりブラウザー制御アドオンを登録。アドオンの無効化/アンインストールできないように保護します。


万一パスワードを忘れてしまっても、「パスワード解除ツール」で解除コードを発行しパスワードを安全に解除できます。
ユーザーアカウントのPC毎に発行当日のみ有効な解除コードを発行することで解除コードの漏えいリスクを軽減できます。
※解除コードを利用するには解除対象デバイスがライセンス登録されている必要があります。
※「パスワード解除ツール」はHAソフト企画のWebアプリであるため、ログイン機能で保護されています。